“水と一体化する”ことだけを考え抜いたウェットスーツ

トライアスロンウェットスーツ制作35年

CONCENTRATIONは1984年創設以来、ハンドメイドによるウェットスーツを制作してきました。
国内のファクトリーで制作されたウェットスーツは、多くの選手により輝かしい歴史を残してきました 。
たゆまぬ改善による蓄積された技術、それは未来永劫に続く職人魂のイノベーション。

FACTORY

商品別適性水温・気温について

TEMPERATURE and SEA WATER TEMPERATURE

日本には四季が有り北は北海道から南は沖縄まで同じウェットスーツで対応することができません。CONCENTRATIONでは季節にマッチしたスーツを着用することにより、アスリートのパフォーマンスを最大限に発揮できるよう、適正水温・気温でお選びいただけるように致しました。大切なレースで普段のトレーニングを存分に発揮する為にも是非環境に合ったベストスーツお選びください。

推奨商品

水温15〜20度 / 気温15〜20度  フルスーツ


春、秋の使用に適しています。保温性・高い浮力を兼ね備え、近年では夏でも海水温の低い地域で着用します。
個人の泳力に合わせ生地の厚みを変えることにより、さらにタイムアップが望めます。

水温22〜25度以上 / 気温25〜30度以上 ロングジョン

夏など、気温・海水温が高い地域で使用します。袖がないため腕回りが自由で浮力効果もあり、夏の暑い時期でも身体を冷えから守ります。個人の泳力に合わせ生地の厚みを変えることによりさらにタイムアップが望めます。
急な天候の変化により気温が下がった場合、別売のアームウォーマーを着用する事で体温の低下を防げます。

素材について

弊社の制作するトライアスロン用ウェットスーツには山本化学工業株式会社の正規品を使用しております。
正規品とは山本化学工業の工場(日本国内)で製造される素材です。この工場は医療機器の国際品質規格であるISO13485の認証を取得した工場で、徹底した品質管理のなかで生産されています。

ゴム

完全独立気泡構造(ハニカム構造)のゴム素材は、非常に低密度(軽量)で柔軟性も高く、断熱性にも優れている高品質な素材です。

表面加工

スムーススキンの表面にする加工でS.C.S(SUPER COMPOSITE SKIN)という親水性と疎水性を持つミセル構造の加工を施すことで、水に濡れると表面に水分子が被膜し、低抵抗になることで、水の抵抗を下げることができる高機能素材です。

JERSEY

ナイロンなどの繊維素材をゴム表面に張り合わせることで、素材の強化を図ることや可動域に使用する伸縮ジャージは高運動性を発揮します。
(山本化学工業株式会社の商品説明を引用)

アフターサービス

コンセントレーションでは安心してトライアスロンライフをお楽しみいただくため、 お買い上げいただいウェットスーツに保障の範囲内で、糸のほつれ、ヤブレ、1回のサイズ修正は1年間無料保証をお付けしております。

お手入れ方法

使用後は必ず手洗いで、塩分や砂を十分洗い流します。汚れがひどいときは中性洗剤をご使用ください。
洗剤を十分洗い流した後、太目のハンガーにかけて直射日光を避け、風通しの良い場所で 十分に裏表を乾燥させます。その後、折りたたまずウェットスーツを平らに置いて保管してください。
使用後毎回このお手入れをするだけで、大幅に劣化を遅らせることができます。